Image
オンライン商談の実態を掴む、勝ちパターンがわかる

テレワーク商談 AI検定

テレ検

無償ウェブセミナー開催中

オンライン商談への不安、解決します

昨今のコロナ対策によって「オンライン商談」の需要が増えている中、
実態が掴めない不安・ノウハウが乏しいことでの指導の難しさを多くの企業が抱えています。

オンライン商談は、
表情が見えない、反応がわかりにくい。

✔これまでの指導が通用しなくなる!?

✔実態がつかめない・・・

✔勝ちパターンがわからない


テレ検で解決できます

今すぐ購入・問い合わせ

あなたの商談を「見える化」する分析レポート

オンライン商談特有の傾向を確認することで、あなたの会社のオンライン商談をレベルアップさせます


テレ検仕様

7年前から全員がリモート勤務を実施してきたコグニティ社にて、これまで実施した受注・失注別リアル商談・オンライン商談の特徴を解析。その結果、オンラインならでは必要になる「情報構成」や「コミュニケーション要素」が明らかになりました。

その解析結果を用い、7月1日より新サービス「テレワーク商談AI検定 テレ検」としてリリース。オンライン商談特有の傾向を確認・検定できることで、実態を掴み、指導の方向性を見出すことが可能です。

テレ検で解析できる内容一覧


■トップ
 オンライン商談適性度
 改善可能性一覧
 印象サマリー(簡易商談サマリー)

■PART1【オンライン特有の説明要素】
 トーク内の構成バランスチャート
 説明構成の確認

■PART2【オンライン商談らしい主導権・情報量】
 トーク量・バランスチャート
 指示語利用量チャート・リスト
 クロージング語利用量チャート・リスト

■PART3【オンライン商談特有の確認量】
 質問回数チャート
 売り手からの質問一覧
 買い手からの質問とその返答一覧

■PART4【トークの振り返り】
 商談録・改善点のアラート


簡単3ステップ利用

アプリの設定やアカウント発行の必要はありません。
(1)ストアからアプリをインストール
(2)商談時に横において録音
(3)2〜5営業日で結果が配信

テレ検仕様


ご利用は300円/分

1回15分以上の商談を対象に、使った分だけの従量課金で月末にご請求。
(1契約につき最低利用額5,000円/月)

クレジットカード払い

サービス利用時のEmailアドレス



Paypalサービスを利用し、初回は5,000円の決済を実施いたします。その後利用料に応じて、月末経過後に登録Emailに対して該当クレジットカードへの請求連絡が届きます。初月は先に請求している5,000円との差額が請求され、2ヶ月目からは利用額の請求となります。

請求書・銀行振込払い

営業担当より、利用方法なども含めご連絡差し上げます。

購入問い合わせ

導入事例

「テレ検」で使われているトーク解析技術は、
みずほ銀行・パーソルテンプスタッフ・大塚製薬・
大手損害保険会社・大手住宅メーカーなど
上場企業を含めた大手120社以上に導入されております。

フジテレビ「Live News α」映像


よくあるご質問

Q.他の解析サービスとどこが違うの? A. コグニティが蓄積してきた16,000件以上のトークデータベースに加え、対面商談とオンライン商談の差異を新たに調査することで判明した「オンライン商談のテクニック」を元に開発したAI解析サービスであることが特徴です。 創業当初から完全在宅勤務制を採用し、オンライン商談を数多く経験しているコグニティだからこそ提供できるサービスですので、是非ご利用ください。
Q.専用の会議システムを使うの? A. 現在ご使用中のWeb会議システムのままでご利用いただけます。お使いのWeb会議システムをご利用いただきながら、iPhone/iPad/Android上の「テレ検」アプリ(無償)から録音し、そのままアップロードいただけます。 Web会議システムに録画機能がある場合は、その映像をWeb上からアップロードできるサイトもご用意しております。
Q.導入に時間がかかるのは困るのですが・・・ A. ご安心ください。お申し込み後、すぐにご利用いただけます。
Q.商談って終わる時間がわからない。短い商談でも長い商談でも同じ値段? A. テレ検は1分300円の分数計算です。 人数や商談数に関係なく、月締め・合計分数でのご精算となりますので、商談のお時間や利用人数を気にせずにご利用いただけます。 ※1商談15分以上をご利用の原則としております。
Q.1分300円って高いのでは? A. テレ検のサービスには、解析だけでなく文字起こしも含まれています。一般的な文字起こしサービスと比較すると、テレ検は文字起こしと変わらない費用のみで解析レポートがフィードバックされます。非常に費用対効果の高いサービスです。
Q.音声を切り出して分析してもらいたい A. テレ検アプリにはトリミング機能はついていません。送信されたデータはそのまま全長が解析に回ります。(無駄話も含めてそれが「商談」であるということで自然なまま出してもらうことを基本としています。商談の長さと情報量のバランスも検出しているため、トリミングするとそれはわからなくなるためです。) 別のデバイス・アプリで録音しご自身でトリミングしたデータを アップロードサイトからUpしてもらうことは可能です。
Q.商談映像のアップロードの容量はどのくらいか? A. 現状は2GBまでとなっております。2−3時間の会議でも許容できる容量としておりますが、それ以上の場合はご相談ください。
Q.ひと月の間に全く使わなかった場合は? A. 月額最低利用額としての5,000円が月末に請求されます。ご利用いただかない月は、毎月1日から1週間前より前の日付で、解約通知フォームに登録いただければ、翌月は請求いたしません。
Q.同一契約からの分析依頼かどうかは、どう判別しているの? A. アプリやサイトから登録されるEメールアドレスで判別しています。会社でのご契約の場合は、メールアドレス・ドメインを指定していただくことで、対象とみなします。 間違ったアップロードについては、アップロードから2時間以内でフォームから連絡があった場合に取り消し可能です。
Q.アップされた音声やレポートをマネージャーが見ることができる? A. アプリからは本人しか結果を見ることができませんが、別途ご利用手続きを行うことにより、メンバーの音声・結果を一括で共有することが可能です。 セキュリティ上の制限のある企業様の場合、有償対応となる場合がございます。
Q.声のトーンや表情やしぐさは解析しないの? A. オンライン商談では資料を画面共有する時間が多く、相手の表情やしぐさを確認できる機会が非常に少ないため、よりハイレベルな商談トークが求められます。 そのため、最も重きを置かれる会話(トーク)を解析し、「オンライン商談の勝ちパターン」を見つけていただくことが、成立するオンライン商談への近道です。
Q.商談はロールプレイでも解析できるの? A. 過去、比較分析したことがあり、ロールプレイの場合は現場データの特徴を更に強調された傾向結果が出たため、ロープレでも使えるという判断をしております。(好成績の人はより良い特徴・低成績の人は悪い特徴が現場より強く出る)
Q.個人情報の扱いはどうなっているの? A. 「名前や顔」と「住所や電話番号」の組み合わせが含まれている場合は個人情報に該当とすると定義されていますが、片方だけなら個人情報とは扱われないため、コグニティでは個人情報はお預かりしない前提となります。解析には大きく影響しませんので、冒頭などの固有名詞が出る部分を削除していただいても構いません。発注条件書にNDA(秘密保持契約書)同等の内容は含まれておりますが、別途NDAの締結が必要であれば対応いたします。
今すぐ購入・問い合わせ